小型なのに重低音が響くスピーカー「オーディオテクニカ AT-SP102」を買ってみた

小型なのに重低音が響くスピーカー「オーディオテクニカ AT-SP102」を買ってみたhosiiのメモ帳DSC00514
ノートPC用のスピーカーに「オーディオテクニカ AT-SP102」を買った。購入時に重視したのは以下の点。

  • 予算は5000円以下
  • 狭い机にも置ける小型サイズ
  • なるべく高音質

それなりの音質を求めると1万円くらいは必要かと考えていたが、量販店の店頭で聞き比べてみたところ安心して買う事ができた。

比較した製品

上記の条件をもとに量販店で聞き比べてみた限りでは、以下の製品がいい感じだった。

「LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW」。価格が1000円台とかなり安い。音もそこそこ良かったが、USB電源なのがちょっと気になった。

「JBL USB DAC内蔵バスパワードスピーカー JBL PEBBLES」。5000円程と予算はマッチしており、低音から高音までまんべんなく音が出る。電源がUSBなこと、側面に付いているクルクル回る音量調整パネル、大きさの3点が気になり次点。

「audio-technica デスクトップスピーカー AT-SP102」。今回購入したもの。コンパクトな割に、低音が良く聞こえる。また、電源スイッチと音量調整ノブが上面についており操作しやすい。USB電源ではなく、コンセントタイプの電源ケーブルもグッド。

コンパクトな外観

DSC00512
外箱。上に見えるのが本体で、下の台座部分に電源ケーブルが隠されている。

DSC00514
とても小さな本体。狭い机の上でも十分に置く事ができる。上部に見えるスイッチで、電源のON/OFFが行なえる。奥側になるノブで音量調節が可能。
ヘッドホンを使うとき、いちいちスピーカーのオーディオ端子をPCから抜かなくてもいいよう、本体正面にヘッドホンジャックが付いているのもプラスポイント。
また、このサイズの製品にしては珍しく、スピーカーを保護するサランネット(四角い布)は取り外せる。

電源もコンパクト

DSC00516
電源は本体よりもやや小さめ。ACアダプターとコンセントが一体型になっているので、机の上が煩雑にならない。

重低音の秘密は裏側にあり

DSC00515
このスピーカー、サイズの割に低音が良く響く。その秘密は、本体裏側にあるパッシブラジエーター。詳しい仕組みはよくわからないけど、裏側から増幅された重低音が響くため、コンパクトなのになかなか迫力のある音を出す。

まとめ

部屋や机が狭いけど、それなりの音質をそれなりの音量で鳴らしたい人にはかなりおススメのスピーカーだと思う。最近のコンパクトスピーカーはBluetoothの充電式だったり、USB電源が多いが、コンセントから直接電源を取れるスピーカーが欲しい人はこれ買うっきゃないわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です